味とキレ

昨日と同じく皇居紅葉散策ですが、モニュメントの青と空の青が混じり合ってる感じでパシャ。

散策シリーズはいつもFujifilmのX100という機種で撮っているんですが、これが本当に写りが良い。
画角(レンズが写せる範囲)がちょっと広いかと思っていたけど、最近これくらいがイイ感じ、と思うようになってきた。
あと手振れ補正があれば街撮りは最強かも♪

またまた色々な物を撮っていて気付いた事が。
最近は解像度(どこまで鮮明に写せるかどうか)が大事かと思っていました。
けど鮮明さの『キレ』だけじゃなく、段々『味』に対して魅力を感じるようになりました。
鮮やかさだけじゃなく、色合いとか柔らかさとかカメラ(レンズ)毎に違いがある事が分かってきました。
そんな中で自分がどんな写真を撮りたいか、を考えていくのが楽しいんですね。

もっともっとイイ写真が撮りたいな♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。